問題になっているイタチ駆除と環境への取り組みを考えましょう。

害獣駆除の昔と今

アライグマ

害獣の歴史は縄文時代からあった

縄文時代の高床式住居は害獣対策から発明されたとする報告もあります。当時の害獣は縄文人の食糧を狙うネズミだったそうです。高床式住居には虫などの小さな生物にも上ってこないことや土に含む湿気から体を守れるといった効果もあったようです。2000年という時が流れ、現代でも私たちは害獣と戦っています。現代の代表的な害獣としてはアライグマがいます。アニメなどではとても可愛らしいイメージの動物として描かれていましたが、実は凶暴な動物なのです。イタチやハクビシンなどの被害も年々増加の一歩を辿り、現在ではそうしたイタチ駆除サービスや害獣対策を行う専門の職業が確立されているほどです。害獣も元々は罪のない野生動物であると考えるなら、イタチ駆除など行なうにはしっかりとした対策と環境改善という相反する論点に並行して取り組んでゆくことが必要でしょう。

駆除された害獣から新たな産業を考える

人間と野生動物の共存共栄していかなければなりません。地球上では全て生き物が平等に生きる権利をもっているのです。私たちは人間であるが故、人間世界のルールや人間の立場でものを守っていくのも当然です。人間が野生動物の多くを絶滅の危機へ追い込んでいるのも、地球が人間を進化させた結果から見ると弱肉強食という自然の摂理に従っているとも言えます。人間が動物と違うのは慈悲の心を持ってるというところでしょう。私たちは害獣が憎くて害獣駆除を行うのではなく、私たち自身を守るために仕方なく害獣駆除を行わなければならないのです。駆除した害獣は山の土へ返すことが一般的でありましたが、近年、イノシシなどの革を利用した灰皿や本のしおりなどが作られるようになり、今後の産業として発展させることを目標に現在検討中です。

費用はサイトで比較しよう

ネズミ

ねずみ駆除は決して安い物ではありませんので、比較サイトで料金を比べて利用するようにしましょう。また比較サイトでは、現在のねずみ駆除の料金の相場もわかります。それに加えて、料金以外のサービスの評判も確かめてから利用するようにしましょう。